子供が花粉症かも!と思ったら何科にかかれば良いの?

この記事は2分で読めます

一昔前までは花粉症というと大人の病気でしたが、
近年は子供にも花粉症が増えてきています。


「くしゃみ・鼻水が止まらない」
「目が痒い」
など他に風邪の症状が見られない場合、
花粉症である可能性が高いです。


花粉症の症状は、
症状によって集中力が落ちたり、
気が散ってしまったりと子供にとっても辛いものです。


ところで子供の花粉症が疑われる場合、
一体何科にかかればよいのでしょうか?
どの科に行けば良いのか迷われるママさんも多いのではないでしょうか?


そこで今回は、
子供の花粉症について詳しく解説します。

スポンサードリンク


子供の花粉症はどのような症状?


子供の花粉症と言っても、症状は大人と変わりありません


花粉症の主な症状と言えば、

・目が痒くなる

・くしゃみが止まらない

・水のような鼻水が出る

・鼻づまり

mask_woman

子供の花粉症の鼻づまりについてはこちら


くしゃみや鼻水、目の痒みとどれも辛い症状です。

症状の重さによっては、
集中力がなくなり勉強などにも支障をきたします


また、
花粉症の特徴として、水のような鼻水が出ます。

普通の鼻水とは違うので見分けが付きやすいです。

子供が水のような鼻水症状を訴えてきたら、
花粉症を疑い早めに受診しましょう。



子供の花粉症は何科にかかれば良いの?


子供に表れている症状が明らかに花粉症だけならば、
耳鼻科を受診しましょう。

「他にアレルギーを抱えている」
「持病がある」という場合は、
症状の原因を特定したり処置の都合から、
かかりつけの病院もしくは小児科を受診することをお勧めします。

私の子供は持病があるので、
何らかの症状が表れた場合はかかりつけの小児科を受診しています。

常備薬がありますので、かかりつけ医であれば薬の管理も楽です。


色々な科を受診することは、
親子共に結構な負担ですからできれば避けたいですよね。


子供が花粉症なのかどうか迷われた場合は、
小児科に相談してみてくださいね。



子供の花粉症対策は?


子供が花粉症だと分かったら、薬に頼るだけではなく
日常生活にも花粉を取り入れないよう注意が必要です。


以下の事を実践すると、
花粉症の症状を軽減する効果があるといわれています。

・花粉が多い時期の洗濯物や布団干しは花粉を落としてから部屋に取り込む

・睡眠不足を避ける

・ヨーグルトをおやつに摂る

・外出時はマスクを利用する

・空気清浄機を利用する



小さい子供は、マスクを嫌がる傾向が強いですが
効果がある方法なので可能であれば使って欲しいですよね。

今はキャラクターものなどのマスクがたくさんあるので、
子供と一緒に探してみて下さい。




まとめ


大人でも辛い花粉症。

子供が花粉症になってしまうと可哀そうですよね。

しかし、
花粉症は、一度なってしまうと長い付き合いになると言われています。


子供に花粉症の症状が見られたら、耳鼻科を早めに受診してあげて下さいね。





スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. camp_tent_woman
  2. hahako_girl
  3. text_ehon
  4. sick_kansensyou
  5. medical_yobou_chuusya_baby
  6. 278829

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。