お母さん必見!!小学生の反抗期、有効な対処法ってどんなもの?

この記事は3分で読めます

赤ちゃんの頃から育ててきた我が子。

幼いときは「目にいれても痛くな~い♪」
とデレデレに可愛がっていましたよね。


そんな我が子も小学生になり、学校という社会で生活し、
少しずつ大人に近づいています。


やっと手がかからなくなったと思いきや、
次に出てくる問題が反抗期です。


そこで今回は
小学生の反抗期に有効な対処法
をお届けしようと思います。


ただ可愛いだけではなくなった我が子。

初めは動揺するかもしれませんが、
反抗期があるのは立派な成長の証

自我の芽生えを認めてあげつつ、
対処法を実践してみましょう。

スポンサードリンク


小学生の反抗期は成長の証


小学生の反抗期は、
2~4年生の時に起こる中間反抗期と、
5~6年生で起こるギャングエイジ期
に分けることができます。
338464

どちらも子どもが発達を遂げている証拠ですので、
必要以上に親がピリピリする必要はありません。


中間反抗期は、
主に口答えで反抗します。

小学生になる頃の子どもの脳は、
論理的な思考ができるように成長しています。

加えて、親が絶対的な存在だった今までと違い、
友人の存在が大きく社会性を育てます。

そのため、
「パパママの言ってることが全てじゃないんだな」
と指摘するようになるのです。


ギャングエイジ期は、
小学生にとってまさに「思春期の入り口」です。

男の子も女の子も、自分の体の二次性徴に戸惑いが起こる時期。

体の不安が心の不安につながり、
親や教師とのコミュニケーションがうまくいかなくなります。

どちらの反抗期にも有効な対処法があります。

子どもとどう接すれば良いのか見てみましょう。




小学生の中間反抗期への対処法


中間反抗期の小学生は
主に口答えをするとお伝えしましたが、
実際はまだまだ親に甘えていることがほとんどです。

小学生なりに知恵をつけ、
親と口で勝負できるようになってきたのが楽しい、
そんな風にとらえてあげると良いかもしれません。


小学生の中間反抗期への対処法は、
一言でいうと子どもを受け入れることが重要になってきます。
おやhahako_girl

子どもが口答えをしても、
頭ごなしにしからず受け止めてあげましょう。

「育て方、間違ったかな…?」と心配する必要はありません。

成長の証ですから、見守ることが大切です。

また、口答えで指摘されてこちら側に非があった場合、
対処法として誤魔化さずに謝りましょう

「まだ小学生だからうやむやに」なんて思っていてはいけません。

子どもはよく周りを見ているので、
親が謝ることをしないと、
子ども自身も謝らない子に育ってしまいます。




小学生のギャングエイジ期への対処法


小学生も高学年になるとかなり自我がしっかりしてきます。

ギャングエイジ期の子どもは、
集団で群れる特徴があります。
friends_woman

集団で行動する中で、自分の「立ち位置」というものを
客観的に知っていきます。

集団の中での優越感や劣等感が反抗期を進める
とも言われています。


小学生のギャングエイジ期の対処法としては、
子どもの様子をよくみる
子ども話をきちんと聞く

ことが挙げられます。

小学生の強い反抗は、
見かけと異なり繊細な事情を抱えていることもあります。

子どもがなぜ反抗しているのか、
「反抗期だから仕方がない」と放置するのではなく、
原因を探ってみましょう

学校でのストレスが影響していることも多々あります


また、この時期の反抗期は
異性の親を嫌うこともよく起こります。

男の子は母親を煙たがり、
女の子は父親を嫌がる傾向にあります。

これも小学生の二次性徴からくるものだと言われていますが、
対処法としては親がパートナーを誉めることが有効です。


たとえば、
「お母さんは怒ってばっかりでウザイ」
なんて言う男の子にはパパから
「お母さんはお前が大好きだからな。
カッコいい男になって欲しいんだよ。
お父さんはきちんと叱るお母さん好きだな」
と言ったり。

「パパ汚い!服を一緒に洗濯しないで!」
なんて言う女の子にはママから
「パパ綺麗だけどなあ~?知ってる?仕事中のパパとてもカッコいいんだよ。
汚いなんてとんでもない、素敵なパパなんだよ」
と言ったり。


小学生の心理として、
反抗期でも根底には「パパママ大好き」という気持ちがあります

口では「嘘ばっかり」なんて言っても、
心では(うちのお父さんはカッコいいのか…)と思い直すこともあります。

家庭がギクシャクしないよう対処法を実践してみましょう。




まとめ


いかがでしたか?

小学生の反抗期・・・・

親としては生意気な口をきかれたり、
反抗的な態度を取られると
イライラしていましますよね。


しかし、
小学生の反抗期は、まだまだ甘えたい気持ちの中でのものです。

小学生の反抗期の対処法は、
【受け止めて】【子どもをよくみる】
ことにあります。

そう難しく考える必要なんてないのです。

反抗期の訪れは成長の証。

可愛い子どもの成長を、落ち着いて見守ってあげましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. money_fly_yen
  2. 124796
  3. 095004
  4. baby_aruku
  5. shichigosan3
  6. sick_otafukukaze

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。