バレンタイン!小学生の友チョコはどうする?おすすめはこれ!

この記事は2分で読めます

バレンタインと言えば、女の子が好きな男の子に
チョコをあげる特別な日ですよね。

私が若い頃は本命チョコと義理チョコぐらいしか
ありませんでした。

でも昨今のバレンタインでは小中高生の女の子達が
友達同士でチョコを交換する
いわゆる「友チョコ」が定番化してますよね。
valentine_tomochoko
今では本命チョコよりも友チョコの方が
メインであげる子が多いみたいです。

男の子達よ~かわいそうに(´Д`)

小学2年生の娘は1年生の時は友チョコをあげあうことは
なかったんですが、2年生では今から仲良しの友達に
「バレンタインに友チョコしようね」と
グループ内で誘われているみたいです。

小学生低学年なら子供だけでは準備できないので、
必然的に母が手伝わないとだめですよね(´・ω・`)

女の子の友達関係は難しいので、断って仲間はずれになったら
困るので、母は娘の為に頑張ることにします。

けど私の時代は友チョコなんてなかったから
友チョコって何をしたらいいのか、相場っていくらか
などわからないことが多いので友チョコについて
調べてみました。

スポンサードリンク


小学生の友チョコの相場は

小学生の友チョコの相場はあげる人数や手作りにするか
既製品にするかなど条件によって変わってきます。

手作りにしろ既製品にしろかかる費用はだいたい
1人~数人の場合は200円~500円ぐらいです。

人数が数十人と多くなると100円~300円
1人あたりの金額は低くなってきます。
valentinesday_girl
では次に何をあげるかが問題ですよね。

女の子は可愛いものやキラキラしたものが
大好きなのであげるものも難しいですよね。

複数個あげる場合のお得でお勧めな方法は


方法①

手作りで安く抑える。
valentine_tedukuri_girl
一番人気はデコチョコです。

チョコレートを可愛い型に流して
チョコペンやトッピングをするだけです。

既製品のチョコにそのままデコしても大丈夫です。

簡単だしとても可愛く出来上がるのでおすすめです。

そして可愛いラッピングなんてしたらバッチリです。

チョコの型やラッピングなどは100均で
可愛いのがたくさん売っていますよ。

娘も作るのが大好きで喜ぶので、
複数あげる場合には我が家はこれにします。

複数個作る場合は手間はかかりますが、
費用は抑えられるのでママのお財布にも優しいですね。

ただし注意しないといけないのが、手作りは嫌がる人も
いるので事前に確認が必要な場合もあります。




方法②

既製品をあげる場合は、スーパーで
複数個入ってる袋菓子を何種類か買います。
そして可愛い袋に入れてラッピング
したらバッチリです。
valentinesday_heart_box
手作りが嫌な子がいる場合はこれだと
既製品なので安心です。


子供のことなので、初めの聞いていた人数より
増減することがあります。
減る場合は問題ないけど、増える場合は慌てないといけないので
余裕を持たせて友チョコを用意しておくことをおすすめします。


あと値段や、どんなものがいいのかについては、
友チョコを贈り合う子どものママ達で
情報交換したほうが安心ですね。

娘が友チョコをあげ合う予定のお友達のママは
数人は仲良くしているママ友なので
相談してみようと思います。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 118067
  2. 047597
  3. sick_otafukukaze
  4. shichigosan3
  5. chakuriku_airplane
  6. boy_soccer

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。