子供の肌がブツブツ!原因は一体なに?

この記事は2分で読めます

子供は大人に比べて皮膚が薄く、そして皮脂の分泌も少ないです。


そのため、
子供はちょっとしたことで肌トラブルを起こします。


色々な肌トラブルがありますが、その中でも、
子供の肌がブツブツしている時に考えられる理由と疾患
を、お話させていただきますね。

スポンサードリンク


子供の肌のブツブツ、乾燥が原因の場合


子供の肌はとても乾燥しやすいです。


乾燥と言うと、
カサカサした肌をイメージするかもしれませんが、
肌質や環境によって、子供の肌は乾燥が原因でブツブツになることがあります。


乾燥肌は痒みを伴うので、
子供が掻き毟った刺激で、肌がブツブツになることも多いです。
kayui

子供の肌のブツブツの原因が乾燥だった場合、
最も大切なのは保湿です。


そして、保湿をする前には、肌を清潔にすることが重要です。


子供の肌がブツブツしている時は、
子供の肌に合う保湿剤を、最低でも朝の着替えとお風呂上りの2回、塗ってあげましょう。


それでも子供の肌のブツブツが全く改善しない場合は、
皮膚科を受診してください。


皮膚科では、より浸透性の高い保湿剤を処方してくれますし、
子供の肌のブツブツが酷い場合は、塗り薬や時には飲み薬の処方もあります。


子供の肌は弱いので、
ブツブツ程度でと甘く見ると、
子供が掻き毟って悪化し、傷になったりとびひを併発したりするので、
早めの受診を心がけましょう。



子供の肌をブツブツさせやすい要因


子供の肌、特に肌の弱いタイプはちょっとした事でブツブツができてしまいます。

・お風呂の温度が高い(40度以上)

・使用しているボディソープの刺激

・体の洗い過ぎ

・衣類の刺激(特に化学繊維)

・洗濯洗剤の刺激

・汗

・乾燥

・紫外線



子供の肌にブツブツができた場合、
特に体に直接触れるお風呂関係を見直すことが大切
ofuro

子供の肌を清潔にしたいからと、
強い洗浄力のボディソープを使ったり、ゴシゴシ洗ったりするのは逆効果。


子供の肌の汚れは、
丁寧にシャワーするだけで殆ど落ちてしまいます。


体を洗うものは低刺激の石鹸にして、
しかも、毎日石鹸で洗うのは、首や脇、肘裏膝裏など、
汗の溜まりやすい場所だけで充分です。

そして、しっかり洗い流してください。

湯船は38度前後で、あまり長湯をしないようにしましょう。



子供の肌のブツブツ、もしかしたら水いぼかも…


子供の肌のブツブツの大半は乾燥からくるものですが、
水いぼの可能性も否定できません。


私の子供はアトピーで乾燥肌なのですが、
ある日、子供の内腿の肌の一部にブツブツができました。


何だろう?乾燥かな?と思い、いつも以上に保湿をするように気を付けたのですが、
良くなるどころか、反対側の内腿にまでブツブツができはじめました。


ここで初めて、水いぼかもしれないと気付いた私。

慌てて皮膚科を受診しましたが、
やっぱり水いぼで、しかも気付くのが遅れたため、
大量に増えてしまいました。

水いぼのブツブツは、肌の色と同色で、プツプツとした感じです。

そして、ブツブツの中心点に芯のようなものが見えます


子供の肌のブツブツは、乾燥と決めつけず、良く観察しましょう。

子供の肌は、どんな状態でも、とにかく保湿が大切。

しっかり保湿して、子供の肌を守ってくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 149194
  2. virus_outo
  3. kateikyoushi_woman_girl
  4. hair_pattsun
  5. kuchi_akeru_man
  6. jitensya_kids

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ