赤ちゃんの水遊びの時間で気を付けるべきこと!

この記事は2分で読めます

暑い夏、赤ちゃんに水遊びをさせてあげたいですよね。

小さなビニールプールでも、赤ちゃんなら充分水遊びを楽しめます。


だけど、
気を付けなければならないのが
赤ちゃんの水遊びをさせる時間帯

そして、
赤ちゃんが水遊びをする時間の長さです。



そこで今回は、
赤ちゃんに水遊びをさせる際に、
時間についてどんなことに気を付けたら良いのか

を説明いたします。

スポンサードリンク


赤ちゃんの水遊びは、赤ちゃんが充分元気な時間を選びましょう


赤ちゃんにとって、水遊びは楽しいけれど、
体力をとても消耗する遊びです。


なので、
赤ちゃんの水遊びは、
赤ちゃんが元気な時間帯を選ぶことが大切です。
223475

赤ちゃんによって、生活リズムは違いますが、
授乳や離乳食直後の水遊びは避けましょう


理想的な赤ちゃんの水遊びの時間帯は、
赤ちゃんがお昼寝をしてから、授乳や離乳食が終わり、
30分以上休憩して、睡眠もお腹も満たされて元気な時です。



だけど、
午前中の早い時間や、夕方は、
夏でもやっぱり赤ちゃんの水遊びには適しません。


赤ちゃんが元気な時間帯で、
お日様が高く上る10時から15時の間が良いでしょう。


ただし、
日焼けには充分注意しましょう。

赤ちゃんが気持ち良く水遊びできる時間帯は、
紫外線も強いです。

日焼け止めを塗ったり、ラッシュガードを着せたりして、
紫外線対策を万全にし、
日陰で休憩を入れながら水遊びをしましょう。



赤ちゃんの水遊びは、短時間で切り上げましょう


暑い日の水遊びは、気持ち良くて楽しくて、
ついつい長引いてしまいがちです。

しかし、
赤ちゃんにとって、水遊びは体力を大変消耗する遊びですので、
短時間で切り上げることが大切です。


赤ちゃんの水遊びは、30分程度が適切です

長くても1時間位にし、
途中で何度か休憩を入れながらにしましょう。
149194

また、赤ちゃんの体は小さく筋肉量も少なく冷えやすいので、
水遊びで寒くなっていないか、手足を触りながら気を付けてあげましょう。




赤ちゃんの水遊びを短時間でも楽しめるアイテム


水が大好きな赤ちゃんは多いです。

ただビニールプールに浸かっているだけでもご機嫌かもしれませんが、
せっかくなので、赤ちゃんの水遊びを短い時間でも楽しめるアイテムを提案します。


★プラスチック製のコップ
水を掬って、ひっくり返す、これだけでも赤ちゃんにとっては充分楽しい遊びです。

プラスチック製などの、軽くて壊れないコップを用意してあげましょう。

赤ちゃんが日ごろ遊んでいるおままごとのコップでも良いです。


★ペットボトル(蓋つき)
ペットボトルに蓋をして浮かせる、これで簡単船の出来上がりです。
 
ちょっと工夫をして、ペットボトルに絵を描いてあげると楽しさアップ。

他にも、穴をあけてジョウロの代わりにしたり、
蓋を外して水に沈め、ポコポコと泡が出るのを楽しんだり、
使い方は無限大です。
drink_petbottle


★ぞうさんジョウロ
100円ショップに売っているぞうさんジョウロは、
赤ちゃんの水遊びの必需品と言っても過言ではありません。

親が高い位置からジョウロでシャワーをしてあげても喜びますし、
赤ちゃんに好きに遊ばせるのも楽しいです。


赤ちゃんの水遊びに特別なオモチャは必要ありません。

身近なもので、短時間でも遊びに幅が広がります。


夏と言えば、やっぱり水遊び。

時間と赤ちゃんの体力に気を付け、楽しんでくださいね。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. youchien_tatemono
  2. 096918
  3. youchien_ohirune
  4. kateikyoushi_woman_girl
  5. 233184
  6. vegetable_yasai_kirai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ