小学生の夏休み、サマーキャンプってどうなの?

この記事は2分で読めます

小学生の夏休みは長いです…。


だいたい40日近くもあります・・・(;’∀’)


そんなに長い夏休み、
毎日ダラダラ過ごすのはもったいない。

せっかくならば子供の為に充実した夏休みにしてあげたい!

そう考えると、
夏と言えば、やっぱりキャンプかな?


そう思ってインターネットで調べてみると、
なんと、小学生の子供だけで参加できるサマーキャンプツアーがたくさん(゚Д゚)

小学生の子供のサマーキャンプって名前は聞いたことがあるけど、
一体どんなのなの?


そこで今回は、
小学生の夏休みのサマーキャンプ
について調べてみました。

スポンサードリンク


小学生が参加できるサマーキャンプとは?


そもそも、サマーキャンプとはなんぞや?
というレベルの私・・・・

サマーキャンプとは簡単に言うと、
子供だけで参加する泊まりありのキャンプです。
camp_friends

企画しているのは旅行会社だけではなく、
子供のみが参加するキャンプを専門に扱った法人団体もあります。


私の子供は小学生ですが、
通っているコナミスポーツクラブでは、
夏休みにはサマーキャンプの募集もしています。


一番気になる予算ですが・・・
予算はピンからキリまで


日数が長かったり、飛行機を利用して遠くに行ったりする場合は
当然高くなります。

ざっと調べたところ、3万円から15万円まで本当に幅広いです。



小学生が夏休みにキャンプをすると良いことがいっぱい!


何となく、子供にとって野外活動できるキャンプは良いもの、
程度の認識だったのですが、きちんと調べるとキャンプには良いことがたくさん。


ちょっと古いですが、文部省が1996年にまとめた、
「青少年の野外教育の充実について」では、
子供が野外で過ごすことの効果について、レポートがまとめられています。

・生活体験が豊富な子どもほど、道徳観・正義感が充実

・感性や知的好奇心を育むことができる

・自然の理解を深めることができる

・創造性や向上心、物を大切にする心を育てることができる

・自主性や協調性、社会性を育てることができる

・直接体感から学ぶことができる

・自己を発見し、余暇活動の楽しみ方を学ぶことができる

・心身をリフレッシュし、健康・体力を維持増進することができる



こんなに子供にとってキャンプはメリットがあるんですね(^^)


小学生になると、親から離れて行動する機会が増えますが、
サマーキャンプは子供だけで参加するので、
日常生活ではなかなかできない貴重な体験をすると同時に、
自立心や協調性も育んでくれるのです。


また、親にとっても小学生の長い夏休み、
子供とほんの数日でも離れる時間ができるので、
息抜きにもなりますよね。

一回り大きくなって帰ってくることを想像するのも楽しいものです。



小学生の夏休みは親子でキャンプに行くのもオススメ!


しかし、小学生だからといって、
子供だけで参加するサマーキャンプを誰でも楽しめるわけではありません。


実は、私の子供にちょっと提案してみたのですが、
断固拒否されました(^_^;)


親と離れて、知らない子供の輪に入り数日過ごすというのは、
なかなかハードルが高いものですよね。


もちろん、
キャンプはサマーキャンプじゃなければいけないわけではありません。


親子でキャンプをするのも、とても素晴らしい体験です。
camp_oyako
泊まりが難しければ、日帰りキャンプでも構いません。

私自身、屋外活動が不得意なので、キャンプは日帰り派。


日帰りでも、自分でやれることが格段に増える小学生の夏休み、
親子でキャンプをすると、思わぬ子供の成長を感じることができます。

キャンプのメインディッシュともいえるバーベキューでは、
火の扱いもできるようになり、お手伝いもできるようになりました。


暑い夏休み、ついクーラーの涼しい部屋にこもりがちになってしまいますが、
小学生だからこそ、キャンプがオススメです。



まとめ


小学生になると、子供だけで参加できるサマーキャンプの企画が増えます。

キャンプは子供にとって良い効果がたくさん!

子供のタイプに合わせて、
夏休みはサマーキャンプや親子キャンプに是非出かけてみてくださいね。




スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ehon_boy
  2. medicine_nurigusuri1
  3. onsen_animal
  4. medical_yobou_chuusya_baby
  5. camp_oyako
  6. 278829

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ