子供の虫刺されがしこりになっちゃった!正しい対処法はどうすれば良いの?

この記事は2分で読めます

子供の病気の季節、冬がようやく終わったと思ったら、
あっという間に暖かくなって、今度は虫刺されの季節到来…。


私の子供は体質的に虫刺されが酷くなりやすいので、
物凄く気をつけてはいるものの、
やっぱり虫刺されせずにこの季節を乗り切ることは不可能です。


子供が虫刺されになったら、
とにかく掻き壊さないように必死で対処!

なんとかとびひにならずに済ませることができたけど。

あれ?子供の虫刺されした個所が固い!
これってしこり~!?(;゚Д゚)

これは新たなパターンです。


子供の虫刺されがしこりになったら、どう対処すればいいの?

調べてみました。

スポンサードリンク


子供の虫刺され、しこりになってしまう原因はなに?


子供の虫刺されでしこりができたときの対処法の前に、
しこりになってしまう原因について、まずは調べてみました。


虫刺されと言えば、一般的に連想するのは蚊ですよね。

でも、実は蚊とサイズがそれほど変わらず、人の血を吸い、
しかも全国区で生息する虫がいるんです。

それがブヨ


蚊の虫刺されはしこりになることは稀ですが、
ブヨは蚊より虫刺されの症状が酷く出やすく、
しこりになる確率も蚊に比べると高いのだそうです。


ブヨは生息するためには奇麗な水場を必要とするため、
都心の住宅街では殆ど見られません。

奇麗な水のある野山で多く見られる虫です。
kawa
もしも、お出かけで山などに行った際子供が虫刺されになって、
いつもより症状が酷い場合はブヨによる虫刺されの可能性大。


もちろん、蚊による虫刺されでもしこりになることはあります。

そもそも、虫刺されによる症状には個人差があり、
虫が人間を吸血した際に体に送り込む毒素(唾液等)に対して、
アレルギー反応が出やすいかどうかで症状に差が出ます。


私には子供が二人いて、二人ともアトピーで肌が弱いのですが、
圧倒的に第一子の方が虫刺されの症状が重いです。

調べたわけではないのですが、
恐らく蚊やブヨに対してアレルギーを持っているのではないかと思います。



子供の虫刺されがしこりになってしまった時の対処法


子供の虫刺されがしこりになってしまった時の対処法ですが、
基本的には普通の虫刺されと同様です。

・掻き壊しに注意する。

・痒みがある時は冷やすと効果的。

・患部を清潔にして虫刺されの薬を塗る。

・症状が酷い時は皮膚科を受診する。



しこりになってしまった子供の虫刺されの個所ですが、
かなり日にちがかかりましたが、
上記のことに気を付けていたら、自然と治りました(^^)



子供の虫刺されをしこりにしないためには


まずは、虫刺されしやすい場所へお出かけの際は、
虫避け対策をしっかりしましょう

スプレータイプのものもありますし、
肌が弱いうちの子供たちのようなタイプの場合は、
腕や足首に身につけるタイプの虫除けや、
服に貼るシールのタイプの虫よけがオススメです。


そして、
虫刺されはしこりになってからの対処法よりも、
刺されたと気付いた瞬間にどう対処するかがポイント
mushi_sasare
子供の虫刺されを酷くしないためには、
刺されたことに気付いたら、即座に流水で患部を奇麗に洗い流しましょう

少しでも痒みと腫れの原因物質を体内に吸収させないようにするためです。

そして、なるべく早く虫刺されの薬を塗ってあげます


子供の虫刺されで厄介なのは掻き壊し。

虫刺されの薬の中には痒み止めの成分も入っているので、
用量を守りつつ、痒みを感じた時にこまめに塗ってあげると良いでしょう。

また、保冷材などで患部を冷やすのも効果的です。



まとめ


子供の虫刺されがしこりになった場合は、
蚊ではなくブヨによる虫刺されの可能性大。

子供の虫刺されがしこりになった場合の対処法は、

・掻き壊しに注意する。

・痒みがある時は冷やすと効果的。

・患部を清潔にして虫刺されの薬を塗る。

・症状が酷い時は皮膚科を受診する。


虫刺されしやすい場所へお出かけの際は、
虫避け対策をしっかりしましょう。


ブヨの場合は、蚊より症状が重く出やすいので、気を付けて経過観察し、
酷い場合は皮膚科を受診しましょう。

これから夏本番。

是非気を付けてくださいね。





スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. seichouki
  2. present_box
  3. kids_hashirimawaru
  4. 118067
  5. baby_honyubin
  6. money_fly_yen

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。