子供の偏食を治すことができる簡単な4つの方法とはこれだ!!

この記事は2分で読めます

離乳食を卒業して一段落ついたかと思った子供の食事。

しかし、
しばらくたつと、ママを悩ませる子供の偏食が目立ってきます。


何に対しても拒否をするいやいや時期の子供は、
特に偏食が気になりますよね。


あまりに偏った食事は親としても心配ですし、
かと言って無理やり食べさせるのも逆効果になってしまいます。


では、子供の偏食を治すためにはどうすれば良いでしょうか?

ここでは、
子供の偏食を治すことができる簡単な4つの方法
をご紹介します。


子供の偏食で悩まれているお母さん、
一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク


子供の偏食を治す簡単な方法①


子供の偏食を治す簡単な方法の1つ目は、
調理方法を工夫してみましょう。


子供は特徴的な味覚を持つ食材に敏感で、
偏食が多い子供は特に食材に敏感な傾向が強いです。

偏食が見られる代表的なものに、
ピーマン・ニンジン・ほうれん草などがありますよね。
vegetable_yasai_kirai

野菜は本来の匂いや味が気付かなくなるような調理方法、
刻む・煮込む・混ぜるなどの工夫をすると、
子供は食べやすくなります。



子供の偏食を治す簡単な方法②


子供の偏食を治す簡単な方法の2つ目は、
好みの物と一緒に調理しましょう。


子供の偏食を治すのに効果的な方法としては、
子供が苦手な食材を好みの物と一緒に作る調理法があります。


例えば、
子供の大好きな
ハンバーグ・餃子・シチュー・スープなどのメニューに
苦手食材を混ぜ込むのです。

好きな物ならば、すんなりと食べてくれるはずですよね。


子供が苦手な食べ物が食べられるようになったら
「食べられたね!」
褒めてあげましょう

子供は褒められることによって、
食材に対する苦手意識が少しづつ変わります。



子供の偏食を治す簡単な方法③


子供の偏食を治す簡単な方法の3つ目は、
食事を楽しみましょう。


家族皆で食卓を囲み、
食事の時間が楽しいものだと実感してもらいましょう。
family_syokutaku

その為には、
彩の良いメニューや食欲を掻き立てられる献立などにも
挑戦してみてはいかがでしょうか?

食事は楽しい!と感じるようになると
子供の偏食も自然とへっていくものです。

まずは大人が食事を楽しみ、
子供が共感できるようにしていきたいですね。



子供の偏食を治す簡単な方法④


子供の偏食を治す簡単な方法の4つ目は、
食事の手伝いに参加させましょう。


食事の支度の際に、
子供を参加させることをお勧めします。

どのようなことでも良いのです。

慣れない内は、お皿を並べる・玉ねぎなどの皮をむく・
お皿を下げるなど簡単な事から始めましょう。

お手伝いに参加させることによって食に興味が湧いてきます。

そうすると、
嫌いな食材にも興味が出てきて、
偏食を治そうとさえ考える様になるのです。

お手伝いの経験もさせて、偏食も治せるならば一石二鳥ですよね!



まとめ


いかがでしたか?

子供の偏食を治す簡単な4つの方法は、

①調理方法を工夫してみましょう。

②好みの物と一緒に調理しましょう。

③食事を楽しみましょう。

④食事の手伝いに参加させましょう。

です。

実践してもすぐに子供の偏食が治る事は少ないかもしれません。


何よりも長い目で見守って、
大人も一緒に食事を楽しみながら
子供の偏食を治すことに寄り添うことが大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. byouki_akachan_denwa
  2. hatsunetsu_kodomo
  3. ehon_hahako
  4. kodomo_kousaku
  5. camp_oyako
  6. tsugaku

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ