妊娠して悪阻が辛い時の仕事との付き合い方

この記事は2分で読めます

妊娠すると悪阻の時期がありますよね。

人によっては出産より悪阻が辛いというくらい、
重い人もいます。



しかし、
特に第一子妊娠時は仕事をしている人も多く、
悪阻が辛い時、仕事をどうするべきか、
悩む人もたくさんいらっしゃるでしょう。


妊娠時、悪阻が重く辛い時は、
どのように仕事と付き合い、
職場に理解協力してもらえば良いのでしょう?


スポンサードリンク


妊娠中無理は禁物、悪阻で入院することもあるのです


「悪阻は病気ではないのだから」

昔からそう言われてきました。


「気持ちの問題」と心無いことを言う人も
いるかもしれません。


確かに、
妊娠して悪阻になるのは、病気ではありません。


だけど、
妊娠して悪阻になると、確実に体に負担のかかる事なのです。


妊娠して悪阻が辛いかどうかは個人差があります。
プリント

全く悪阻がなく、仕事に支障が出ない人もいるでしょう。


しかし、
中には動けなくなる程悪阻が辛い人、
仕事を頑張ろうと思っても、
立ち上がれなくなってしまう人もいるのです。


入院を必要とするほど悪阻が重い場合は、
妊娠悪阻となり、通常の悪阻と区別され、保険適用となります。


悪阻も入院を必要とする程重度の場合は、病気となるのです


そこまで悪阻が酷くなってしまう人は少数派ですが、
妊娠中、特に悪阻が辛い時に無理をしてはいけない
というのは皆同じです。


仕事への責任はもちろん大事ですが、
無理をして、自分やお腹の赤ちゃんに
何か異常が出てしまっては取り返しがつきません




妊娠して悪阻が辛い時は、職場の上司に早めに伝えましょう


妊娠が判明するのは、
5~6週前後の人が多いと思います。

しかし、
妊娠がわかってすぐに職場に報告する人は、
少数派ではないでしょうか。


妊娠も超初期は、流産する可能性を考えて、
もう少し安定してから報告する場合が多いでしょう。


しかし、
妊娠してすぐに悪阻が始まり、体が辛い場合は、
まずは、自分が妊娠したことを職場に報告することが大切です。
business_baby_sankyu

自分が妊娠していることを周知してもらわないことには、
悪阻で辛い時に、協力してもえませんよね。


悪阻が重い人は、仕事を休んだり、
早退したりすることもあるでしょう。

悪阻が軽い人でも、妊娠中トラブルが起きて、
突然病院に行かなければならないことがあるかもしれません。


仕事のペースが乱れて、
職場に迷惑をかけてしまうのは仕方のないことですが、
それを最小限にするためにも、
早めの妊娠報告はとても大切です。





悪阻に限らず辛い時はお互い様、人に頼っても良いのです


責任感の強い方は、
自分が妊娠して悪阻が辛いからと言って、
仕事を疎かにして職場に迷惑はかけられない
と思うかもしれません。


だけど、
妊娠や悪阻などに限らず、辛い時はお互い様です。


たとえ仕事でも、頼れる人には頼りましょう。

・通勤時、悪阻で満員電車が辛いから出勤時間をズラしたい。

・悪阻が辛いから会社を休みたい。

・悪阻で体が辛く仕事に遅れが出ているので分担して欲しい。

このようなことがあるかもしれませんよね。

言い出せず、頑張り過ぎて妊娠のトラブルにつながったり、
抱え込んで最終的に仕事でトラブルを起こしたりしたら、大変です。


妊娠中、特に悪阻の時期は、
体が辛くて思うように動けなくても仕方がないのです。


自分の体調は自分にしかわかりません。


だからこそ、
早めに上司や同僚に相談することが大切です。


悪阻は個人差が大きく、
出産する瞬間まで悪阻が続く人も中にはいますが、
多くの人が、安定期に入る頃には悪阻は終わります。
”D•w‚³‚ñ 2

一時的なものだからこそ、無理をせず、
仕事では周囲と密に連絡を取り、時に頼り、
体調が整ってから、また頑張れば良いのです。


妊娠中は、とにかく無理は禁物です


赤ちゃんのことを第一に考え、
職場では上手にコミュニケーションをとりながら、
辛い悪阻の時期の仕事を乗り越えてくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 妊婦さんくるしい
  2. medical_syussan
  3. akachan_ninshin
  4. ”D•w‚³‚ñ 2
  5. YOU86_ninpusan_TP_V1
  6. 149962

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。