赤ちゃんが歩くのは、いつから?うちの子は遅いの?

この記事は2分で読めます

産まれてから日に日に成長していく赤ちゃん。


産まれてすぐは首も座っていなくて、
抱き上げるのも不安な存在だったのに・・・


あっという間に体つきもしっかりしていきますよね!


ハイハイができるようになったし、次はつかまり立ち!


ウチの赤ちゃんが歩くのは、いつからかな~?


誰もが待ち遠しい『はじめの一歩』


そういえば、
赤ちゃんが歩くのは、いったいいつから
なのでしょうか?


今回は、そんな疑問にお応えします!

スポンサードリンク



赤ちゃんが歩くのはいつから?


赤ちゃんが歩き始めるのは個人差が大きく
生後10ヶ月から1歳半の間と言われています。
baby_aruku

成長の順番としては、
腰が座る→ハイハイ→つかまり立ち→伝い歩き→ひとり歩き
が最も多いパターンです。


「ウチの赤ちゃんはまだ歩かない。いつから歩くのかしら…。」


「1歳検診に行ったらもう歩いている子がいた…。」


でも、焦らないでくださいね。


赤ちゃんが歩くのはいつからか、
それは、赤ちゃんの体の発達や、
自主性により個人差が大きいので、
1歳半頃までは心配しなくても大丈夫です。


ちなみに、我が家の2人の子供は、
上の子が1歳3ヶ月、下の子が1歳4ヶ月でした。


2人ともかなりののんびり屋さんでした(笑)



遊びびながら、赤ちゃんの体をきたえよう!


「自分で移動したい!」

「向こうにあるボールがほしい!」

「ママの所に行きたい!」

赤ちゃんが歩き始めるのはいつからかと言うと、
歩き出すきっかけは、
自分で移動したい!と思ったタイミング
が最も多いようです。


赤ちゃんがつかまり立ちをしている時に、
ママが手を叩いて「こっちだよ~」と気をひいてみましょう!
babay_tukamaridachi

頑張ってチャレンジしてくれるかもしれませんね。


また、立ち上がった赤ちゃんの手を引きながら、
ママと一緒に足を動かすなど、
『一歩』を踏み出す練習をするのも効果的です。


赤ちゃんの恐怖心を取り払ってあげる
のも大切なポイントです。


赤ちゃんが頑張って一歩踏み出そうとしているけど、ふらふらしている…。

そんな時は、
そばにいて背中をなでてあげたり、

「大丈夫だよ」と声をかけてあげたりしましょう。


怖くないと思うと、ひとり歩きにチャレンジしたい気持ちも沸いてきますよ!




周りに危険がないか注意しましょう!


赤ちゃんが歩くのはいつかな~?と
楽しみに思う気持ちの一方で、
転んでケガをしないか心配でもありますよね。


急にバランスを崩して転倒することもあります。


ひとりで歩けるようになっても、
しばらくは近くで様子をみてあげましょう。


足元が床なのか、砂場なのかでも、
まだバランス感覚がつかめていない歩き始めの頃は要注意です。


また、赤ちゃんが歩き始めると、
部屋の中でも手の届く範囲が格段に広がります。


届かないと思っていた棚の中の物を引っ張ったり、
その拍子に転倒したり、心配はつきませんね。


赤ちゃんが歩く範囲を限定するための柵やガードを設置することや、
机の角をガードするスポンジなどを取り付けることで、
心配を減らすことができますよ。


まとめ


いかがでしたか?

赤ちゃんが歩くのはいつからかと言うと、
個人差があって10ヶ月~1歳半の間になります。


我が子がなかなか歩かないからと焦らず、
気長に『はじめの一歩』を待ってあげてください。


赤ちゃんが歩き始めるその日まで、
お部屋を安全に整えて、楽しみに待ちましょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kodomofuku_girl
  2. metabolic_woman
  3. 151481
  4. thumbnail_family_big
  5. chima_chogori
  6. 095004

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。