子供の学費、大学まで一体いくらかかるものなの?

この記事は2分で読めます

子育てにはお金がかかりますよね。


子供が幼稚園に入学してから特に痛感することです。


今のところ、まだ何とか生活に余裕はあるけど、
子供の学費は、大学までいくらかかるのか・・・?

どれだけの費用を貯蓄しておかなければならないのか・・・?

漠然とした不安を感じることもあるでしょう。


実際に子供が大学まで行くとして
どれくらいの費用を必要をするのかって
はっきり知らなくないですか?


そこで、
子供は大学までいくらかかるのか
を調べてみました。

スポンサードリンク


子供が大学までいくらかかるのかは、私立と公立で大きく差があります


文部科学省が調査したデータに、
「子どもの学習費調査」というものがありましたので、
解りやすく図にまとめてみました。

20160725_145420


子供が大学までいくらかかるのかは、
幼稚園や学校が公立か私立かで随分と差が出ることが解ります。


仮に、子供が幼稚園から大学までオール私立
に通った場合いくらかかるのかというと、
なんと約2,400万円です。


この中には、もちろん受験のための塾の費用も含まれています。

純粋に学校にかかる学費だけ見ても、
約1,900万円です。


一方、子供が大学まで全て公立の場合にいくらかかるのかというと、
約1,000万円で、私立の半額以下

通塾などの費用を除けば、約750万円です。



子供が大学までかかる、学校の学費以外の費用


子供が学校以外にかかる大学までの費用を見てみましょう。

ここでも、公立と私立では大きな差が出ています


中学高時代だけが、
私立と公立の学校以外の学費がほぼ同じですが、
これは私立の場合、中高一貫校が多い事が原因です。


どちらにしても、私立に通う家庭、
特に小学校、中学校に私立を選ぶ家庭は収入が多く、
学校以外の習い事や塾にお金をかけることができるということですね。
money_fly_yen

「学校は私立を選んだ方が、塾代がかからないから公立と大して変わらない」
なんて話を聞きますが、
現実はそうではないということを数字が表しています。

確かに中高一貫校の場合、
中学時代の塾費用は公立と大差ないですが、
大学受験に向けては大きくお金がかかるというのが実情です。



子供が大学までいくらかかるのかをリアルに考えてみよう


家庭の収入はもちろん差がありますし、
いくら親に財力があっても、
子供が行きたい学校が私立だとは限りません。

もしかしたら、「大学は行かない」という選択肢を選ぶことだって考えられます。

でも、それは子供が成長するまでわからないことですよね。

子供が本気で目指す進路を応援するためにも、
子供が大学までいくら貯蓄すれば良いのか、
数字を明確化してしっかり貯金することは大切です。


文部科学省が出した数字はあくまでも平均。

特に、学校以外にかかる費用は、やり方によって多くも少なくもできます。


子供の未来を応援するために、
今は親が情報収集をしなければならない時代。


子供が大学までいくらかかるのか、
しっかり考えて、いざと言う時に備えましょう。




スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hahako_girl
  2. 304838
  3. nyugaku_syougakusei
  4. tatemono_hospital
  5. hair_pattsun
  6. IMG_6398

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。