アスペルガー症候群の症状はどんなもの?診断基準は一体何?

この記事は2分で読めます

近年よく耳にするようになってきた
アスペルガー症候群


実はアスペルガー症候群と自閉症の症状は似ていることも多く、
特に子供への診断は難しいとされています。


アスペルガー症候群とは、発達障害の一つであり、
最近では自閉症スペクトラムの中に分類されています。


そこで今回は、
アスペルガー症候群の症状と判断基準
について調べてみました。

スポンサードリンク


アスペルガー症候群に見られる主な症状は?


自閉症スペクトラムの中でも、
アスペルガー症候群の症状や診断基準は一体どういうものなのでしょうか?


①周りとのコミュニケーションが上手くとれない。
アスペルガー症候群の人は
「人とのコミュニケーションをうまくとれない」という症状があります。
その為アスペルガー症候群の子供は1人遊びを好み、
集団で遊ぶことはしないことが多いです。

アスペルガー症候群はこういったコミュニケーションの症状が
診断基準の重要な1つとなっています。


②想像力に障害がある。
そのため、相手の気持ちを捉えることが苦手で
「空気の読めない」発言などをしてしまう。

例えば…
母親がある日トラブルに合い怪我をしてしまい、
家に帰るのが遅くなってしまいました。
家につき怪我をしていた母親を見て
アスペルガー症候群の子供は
「ごはんはまだなの?」と母親に言います。
〈怪我をしている→痛そうだな→大丈夫かな〉
という想像が出来にくく、苦手なのです。
asperger_man

③知力は平均、もしくは平均以上になることがしばしば見られる。
アスペルガー症候群の症状として、言葉の発達の遅れが出ない場合が多くあります。
このことにより「発達障がいがある」ということを発見ができずに
アスペルガー症候群の症状がありながらも診断をされないまま大人になり、
そして大人になってからアスペルガー症候群の診断を受ける方が
とても多くいらっしゃるそうです。


④興味のあるものに関しては、天才的な能力を発揮することがある。
アスペルガー症候群の子供は症状に、
何かしらこだわりに強いものがあったりしますが、
それゆえ、周りと比べて極めて突出している能力を持っていたりもします。
興味のある分野に関しては驚くような記憶力を発揮したり、
絵が格段に上手だったりします。



見分けが難しい、アスペルガー症候群の診断は?


近年では、アスペルガー症候群、軽度の自閉症、
高機能自閉症などは症状、診断基準がとても似ていている為、
これらの病名は「自閉症スペクトラム」
と診断されるようになってきました。
201998

自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の子供は、
順序通りにことを運びたがる、絶対に一番ではないと気が済まないなど、
何かしらに子供自身の中で強いこだわりを持っています。


こういったアスペルガー症候群の症状である
「強いこだわり、特徴」を早期発見、早期療育を行うことで、
完治させる という考えではなく、このこだわり、特徴を弱くしていき、
生活をしていく上で支障のない程度にするというのが療育の目標です。


そして子供の成長と共に、療育を続けた結果、
弱くなっていくこだわり、特徴と、
それでも強く残るこだわりがそれぞれ出てくると思います。


そうなった時に、低年齢では見分けが付きにくかった
アスペルガー症候群の症状が強く出ている場合に、
診断が可能になってくるという訳です。



まとめ


少しは参考になりましたでしょうか?

はじめにも述べたように、アスペルガー症候群の症状は診断が難しいとされています。


病院で発達検査を行い、アスペルガー症候群の診断がつかなかったとしても
数年後にアスペルガー症候群の診断がつく場合もありえるのです。


そのことを踏まえた上で、
子供への現在やこれからの親としての支援の仕方を考えていくことが
一番大切なことではないでしょうか。







スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 278829
  2. white_day_present
  3. present_box
  4. vegetable_yasai_kirai
  5. jitensya_kids
  6. camp_oyako

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ