クリスマス会で子供が盛り上がるお金のかからないゲームはこれだ!

この記事は2分で読めます

子供が喜ぶイベントのひとつ、クリスマス会

クリスマス会で子供が盛り上げるためにゲームは欠かせませんよね。

仲の良い友達だけの少人数のものから、
子供会や町内で開催される大人数のものまで、
クリスマス会は様々です。


そこで今回は、イベント好きの我が家から、
家庭で手軽に出来、クリスマス会にすると子供が喜ぶゲーム
を紹介しちゃいます。

スポンサードリンク


クリスマス会で子供が集まるからこそ盛り上がる定番ゲーム


ゲームと言えばやっぱり定番中の定番カードゲームでしょう。

その中でも、幼稚園くらいの子供から大人まで、
手軽にそれでいて本気で楽しめるものといえば、
トランプです。


トランプはたいていどの家庭にも1つはあるものだし、
持っていなかったとしても、100円ショップに売っているので、
リーズナブルで用意に手間が全くかかりません


クリスマス会にトランプ??
って思うかもしれませんが、トランプを侮るなかれ。


去年、子供たちのお友達親子を数人招いて、
我が家でクリスマス会をしたのですが、
色々ゲームをした中で一番盛り上がったゲームが
トランプでした。
card_royalstraightflush
その中でもお勧めなのはババ抜き

人数が多ければ多い程なかなか揃わず、
駆け引きよりも運が大きく左右するからこそオススメです。


ただババ抜きをするだけではなく、
せっかくのクリスマス会なので、
勝ち抜いた子供からちょっとしたプレゼントが貰える
いう決まりのゲームにすると、益々盛り上がりますよ。


クリスマス会でトランプをするならば、
他には神経衰弱も楽しめます

若い脳の記憶力に大人がやられることも多く、かなり盛り上がります。



参加者全員が好きに書き込める手作りすごろく


クリスマス会で大人も子供も楽しめて、
しかもお金も手間も大してかからないオススメゲームはまだまだあります。

それは、手作りすごろくです。


作り方は、
大きな紙、もしくはノートサイズの紙でも貼り合わせて大きくしたものを用意し、
そこにすごろくを書いていきます。

でも、書くのはマスだけにしてください。


クリスマス当日に子供たちが集まったら、
一人いくつまでと決めて、空欄のマスに自由に指示を書かせます

例えば、
「1つすすむ」とか「5つもどる」とかでもいいのですが、
「腹筋10回」とか「ギャグを飛ばす」とか、
アクション系の指示を入れても良いでしょう。

ちょっとした王様ゲームのようなノリになります。


かなりハチャメチャなすごろくになりますが、
それが盛り上がる秘訣です。
game_sugoroku
我が家は一時期すごろくブームでした。

手作りすごろくでは、なぜかすごろくなのに次の日筋肉痛になったりして、
大人の運動不足解消にも役立ちますよ( *´艸`)

クリスマス会なので、プレゼントをもらえるマスを作ってもいいですね



クリスマス会のゲームで子供にあげるおすすめのプレゼント


クリスマス会の子供のゲームは景品やプレゼントを用意した方が、
絶対に盛り上がります!


やはり、物がかかってくると本気度が違いますよね。


でも、
豪華賞品を用意する必要はないんです。

それこそ、100円ショップで買えるような安価なもので充分

1等賞に重きを置かずに、
何度もゲームをしたら、皆に行き渡るようなものが良いです。


ただし、
内容にはちょっと工夫しましょう。

プログラムが最初から最後まで決まっているような本格的なものではなく、
家庭で仲の良いお友達を呼んでのアットホームなクリスマス会に限りますが、
貰ったプレゼントは、
その場で開いて即遊べるもの、
しかも、じっくりと遊ぶというより、
その場にいる子供たちが交換し合えたり順番で遊びやすかったり、
協力して遊べるようなものがオススメです。


ゲームが終わったら、今度はその商品で子供たちは遊びだすので、
大人たちは一休みして、お喋りタイムに入れます(^_-)-☆


クリスマスと聞くと、それだけで子供たちはウキウキしますよね。

大人にとっては師走で忙しい時期ですが、
クリスマス会は案外お手軽な準備でできちゃうものなので、
子供たちの思い出作りに企画してみてくださいね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. pyoko9_jugoya
  2. setsubun_mamemaki
  3. setsubun_ehoumaki_boy
  4. kotatsu_couple
  5. hatsumoude_couple
  6. keirou_couple_flower

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ