初節句、男の子の兜はお下がりでも大丈夫?それとも買うべき?

この記事は2分で読めます

赤ちゃんが生まれてから行うお祝いの中のひとつ、
初節句

男の節句は5月5日。

男の子は兜を用意しますよね。


初節句に兜を新しく買うか、
パパの兜があるから、
息子にお下がりとしてあげようかななど、
どちらにしようか悩む方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、
初節句で男の子に兜を用意する意味と一緒に、
お下がりでも良いのかどうか

説明させていただきます。


初節句を迎える男の子をお持ちのお父さん、お母さん
是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク


初節句で兜を用意する理由


男の子の節句は、5月5日の端午の節句です。


端午の節句は別名・菖蒲(しょうぶ)の節句とも言われています。


江戸時代に入り、武家が中心の社会になると、
この「菖蒲」は、武道、武勇を重んじるという意味を持つ
「尚武」と読み方が同じことから、
武家の間でお祝いをすることになりました。


その後、
武家で男の子が生まれると、
世継ぎの成長を祝う行事となりました。


これが、
初節句で男の子をお祝いする日が端午の節句である由来です。


初節句で男の子に兜を用意するのも、
昔、武家が安全祈願に神社を訪れた際に、
鎧や兜を奉納したのが起源と言われています。
155048

武家にとって、兜や鎧は、身を守るための大切な道具であり、
初節句で男の子に兜を用意して飾ることは、
大切な我が子を、様々な災厄から守ってくださいという意味なのです。


これは、子供時代だけではなく、
生涯を通じての願いでもあります。


ということは、
初節句で男の子にパパの兜のお下がりをあげるということは、
パパを災厄から守ってくれる象徴がなくなるということですよね。




初節句で男の子に兜のお下がりは、ありか?なしか?


先に説明しましたように、
初節句で男の子に兜を用意する意味は、
今後、生涯この子を災厄から守ってくださいということなのです。


初節句で男の子に用意する兜は、
基本的に一人ひとつのもの。


ということは、
お下がりはあまり良くないということになってしまいます。


しかし現在では、
父親から良いものを受け継ぐのは、むしろ、素敵な事
だという考え方も増えてきました。
267694


実は、私の息子の兜も、夫のお下がりです。


大切なのは、初節句をお祝いしようという気持ちです


初節句に用意する男の子の兜には、大切な意味がありますが、
時代とともに、考え方の変化はあるものです。


大切なのは、我が子の誕生を祝い、成長を願う気持ちです。


初節句で男の子に用意する兜は、お下がりでも、新しいものでも、
我が子が元気に成長することを望む気持ちは、一緒ですよね。


基本的には一人ひとつという考え方の兜ですが、
大人になっても、おじいちゃんになっても、
毎年端午の節句に兜を出して飾り続けるのは大変なことです。


また、男兄弟が多い家庭は、一人に1つづつ兜を購入していたら
収納するだけでも結構な場所を必要としてしまいます。


時代の流れで、常識は変化するもの。


初節句で男の子のお祝いに用意する兜が
お下がりでも、全く問題ありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. suit_man
  2. IMG_8703
  3. christmas_santa_girl
  4. christmas_tonakai_girl
  5. shichigosan
  6. 41470+gu8pL._AA180_

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。