節分のいわし!いつ飾るの?

この記事は2分で読めます

節分の日に鰯(いわし)の頭に柊をつけて
玄関に飾っているのを見かけたことってありますか?

最近ではほとんど見かけることはなくなりましたが
私が子供の頃は何件か飾っている家を見かけました。

子供心に「なんで魚がっ(笑)?」って不思議に思った記憶があります。

これは「柊鰯(ひいらぎいわし)」と呼ばれるものだと
いうことをつい最近知りました。

何故知ったかと言うとご近所さんで久しぶりに飾っているのを
見かけて、その家の人に聞いたからです。

すごく久しぶりに見かけて懐かしかったので、
「柊鰯(ひいらぎいわし)」の意味や
いつからいつまで飾るのかなどちょっと知りたくなりました。

なので柊鰯(ひいらぎいわし)について調べてみました。

スポンサードリンク


柊鰯(ひいらぎいわし)の飾りとは

焼いた鰯(いわし)の頭だけを切って、
柊の枝に取り付けます。
それを玄関に飾るだけです。



こんなかんじですね。



柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る理由

柊鰯は魔除けとして飾ります。

節分と言えば鬼ですよね。
鬼はイワシの匂いが嫌いなんだそうです。
011948_li
特に焼いたイワシの匂いと煙が嫌いらしく、
それで家に近づけないようにするそうです。

そしてもし家に近寄っても柊の葉の棘が、
鬼の目を刺して家へ入れない
、と言われています。
002855_li
断固として鬼を家に入れてなるものかってかんじですね(笑)



柊鰯はいつから飾るのか

柊鰯をいつから飾るのかは地域によって違うのですが、
節分の日(2月3日)に飾るのが一般的です。
setsubun_akaoni_agnry
あとは正月行事が一段落した
小正月(1月15日)の翌日から節分の日まで
飾る地域もあります。



柊鰯はいつまで飾るのか

柊鰯はいつまで飾るのかも地域によって違っていて
諸説あります。

一番多いのが「節分の翌日の立春の日(2月4日)まで」です。

その他にも
✩2月いっぱいまで

✩ひな祭りまで

✩雨水の日(2月19日か20日)まで小正月に行われる

✩次の節分まで


中には「猫にたべられるまで」っていうのもありました(笑)

いつからいつまで飾るのかはどれが正しいとは
はっきり言えないので、住んでいる地域の風習に合わせるか
節分の日だけに飾ろうなど自分の選択でいいと思います。



柊鰯の処分の方法は

役目を終えた柊鰯の処分方法ですが、
これも諸説あって

✩半紙に包んで塩で清めて捨てる

✩神社へ持って行ってお焚き上げ

✩小正月に行われるどんど焼きで燃やしてもらう

✩灰になるまで焼いて玄関に盛る

✩玄関先に埋める


などなどです。

これも自分の選択で良さそうですね。

ちなみに柊鰯を作るときに焼いた鰯は
頭だけを使うので、その他の部分は食べて頂いて
全く問題ないです。


今は節分に柊鰯を見かけることがほとんどなくなり
忘れ去られていってる風習の一つかもしれませんね。

でも昔からの風習って調べてみると色んな意味があって
昔の人の知恵などが隠れていてなるほどな~なんて思うことが
多々あります。

柊鰯は調べてみたら簡単に出来るので、
一度やってみようかなと思いました。

節分の豆まきや恵方巻きと一緒に後世に残して
いきたいですね。



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. valentinesday_girl
  2. pyoko9_jugoya
  3. easter_egg
  4. keirou_couple_flower
  5. kotatsu_couple
  6. text_christmas_kai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。