べビ待ちしてたのにまた流産。2回目の手術が最悪過ぎて病院変えようと決意した!

この記事は4分で読めます

絶対、こんな産婦人科2度と来ない!

そう思える出来事があった。


それは、初めての流産を経験し
半年間べビ待ち。


やっと2回目の妊娠。

だけど、
心拍確認後に、また2回目の流産をした時だった。

その時の医師の対応は最悪で
その時の医師の言葉がいまだに忘れられない。

べビ待ち中、一番辛かった心拍確認後の流産。たった3%の確率なのに・・・


それ以上に、
苦痛だったのが、2回目の流産の手術を受ける時だった・・・



流産手術を受けなくちゃ!


流産手術を受けるために、
私は、産婦人科の待合室で順番が来るのを待っていた。


今回2回目の流産は、
心拍確認後の流産という事で
本当に、精神的に落ち込んでた。


何が悪かったんだろう・・・
心拍確認後に流産する確率って、
たった3%くらいなのに・・・


もう私は赤ちゃんを抱けないのかな・・・

考えれば考えるほど、
私は落ち込んでいった。


だけど、
次のべビ待ちのためにも
しっかりと流産の手術を受けて、
身体をしっかり治さなくちゃ!


そう思う気持ちもあった。





手術を受ける直前に


色んなことを考えていると
時間はあっという間に経ち、
病院の一室で手術の開始時間を待っていた私の元に
看護師さんが、
呼びに来た。


手術というと、
ゴロゴロとタイヤのついた台に乗せられて
手術室まで連れていかれる
ってイメージだけど、

流産の手術の場合は、
母体が元気であれば、
基本的には、歩いて手術室まで向かう。


私も流産したとは言っても
全然、身体は元気だったので
歩いて手術室前まで行った。


『ここで少し待っていてください』
看護師さんに言われた。


ふと何気なく周りを見ると・・・

私は涙が止まらなくなった。




嫌がらせにしか思えない!


信じられますか?この状況。


今から、流産の手術を受ける
2回も流産して手術を受ける
私が待たされた場所は、

産まれたばかりの赤ちゃんが
たくさんいる新生児室の前だった。



ガラス越しに
産まれたてのたくさんの小さな赤ちゃんがいた。


これから流産の手術を受ける私の隣には、
産まれたばかりの赤ちゃんを見に来た
幸せそうなパパとママ。


私はこれから、
流産した胎児を出すために
手術を受けるというのに・・・


あんまりだ・・・
本当に、最悪だ・・・
takebe20160224171315_TP_V


怒りを通り越し、
本当に悲しくなった。

ボロボロ涙が出た。




人の気持ちを理解しない看護師



少しして、看護師がやってきた。

ボロボロと涙を流し泣いている私を見て
看護師さんは、
『大丈夫ですよ、手術はすぐに終わりますからね』
って。


違うよ!
手術が怖くて、泣いているんじゃないよ!

赤ちゃんを産むことが出来なかった私に
なんで、産まれたての赤ちゃんを見せられるの?

どうして、
幸せそうなパパとママを見せつけるの?


なぜ、
この病院は、そんなに配慮がないの?

ケアするのは、
妊婦さんと出産した家族だけなの?


私たちのような
流産したママや家族はどうでも良いの?

悲しさ、悔しさ、寂しさ、怒り

これから流産の手術を受けるというのに、
いろんな思いが込み上げてきた。
TAKEBE160224580I9A0715_TP_V

もちろん、
建物の構造上
手術室が新生児室の近くになるのは
仕方ないかもしれない。


だけど、
それならそれで、
私に産まれたての赤ちゃんを見せないように
手術室へ連れていく方法もあったでしょ!


なんで、もう少し
流産して落ち込んでいる私のことを気にかけてくれないの?


そんなこともあって
私は心底、
なんでこんな産婦人科を受診したんだろう
って思った。



こんな産婦人科を受診してなかったら
もしかして
赤ちゃんも産まれてたかも

そこまで思うようになった。


止められるなら、手術受けるのも止めたい

そう思った。

だけど、
今更そんなわけにもいかず、
私は、感情を抑え
2回目の流産の手術を受けた・・・





産婦人科は選ぶべき


今回、こんな体験をした私は
本当に思った。


産婦人科は選ぶべきだと。


私が通院してたこの産婦人科は
近所だったってこともあり、
また、
評判もそれなりに良かった。


だから、
通院することにしたんだけど、
だけど、
実際、通院してみると、
本当に散々だった。

医師の対応は悪く、
人間的な温かみも優しさも感じられなかった。


予約をとっても、
1時間、2時間以上待たされることは
当たり前のようにあった。


妊娠って、本当に大変。


妊婦ってただでさえ
いろんなストレスを抱えている。


実際、私は流産中、
自分で性格が悪いのかなと悩むほどストレスを抱え込みました。

2回も流産したら、そりゃ性格も悪くなって当然だよね?


なのに、
病院にまでストレスをかけられたら
本当にたまったもんじゃない!


えらそうな口調で話す医者もいるし、
横柄な態度で接してくる医者
こちらの話を聞かない医者

数え上げればキリがない。

どんなに有名な病院でも
どんなに評判が良いと言われている病院でも、

実際に、診察を受けてみて、
なんかこの医師、嫌
感じ悪い


もし、そう思ったら
絶対、病院変えた方が良い。


こんな病院の元で
ストレスなしで出産なんてできるわけがない!

ただでさえストレスがかかるべビ待ちなんて
出来るわけがない!



私は、
2回流産を経験した後、
産婦人科を変えた。


そこの病院の先生方は、
本当に、信じられないくらい
丁寧で優しかった。

涙が出るほど嬉しかった。

そして、
その先生が言われたことを実践することで、

私は、
2人の子供を授かることが出来た。


たまたま偶然だったのかもしれない。

偶然、2回連続で流産しただけで、
病院を変えなくても
出産できていたかもしれない。


だけど、
私は、思っている。

変更した先の病院が、
あの先生が
私に元気な赤ちゃんを授けてくれたと。


もし、
あのまま同じ病院に通院していても
絶対に、私は赤ちゃんを抱くことは出来なかった
と思っている。

3回目の流産を予防し3回目のべビ待ちで私に赤ちゃんを抱かせてくれた先生と葉酸



だから、もし、
あなたが、今、産婦人科に通院していて
あの先生、嫌だな、
病院行きたくないな

って思ってるなら、
絶対、病院変えてみることをおすすめします。


そんな嫌な産婦人科に頼らなくても
絶対に、神様の様に優しい先生がいる病院があります。

親身になって
相談に乗ってくれる病院があります。


だから、
我慢せずに、無理せずに、
赤ちゃんを授かるために
病院を変えてください。


ご自分に合った病院を
先生を探してください。



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. a0070_000266
  2. a1380_001216
  3. SSK_sakuranomichi500-thumb-260xauto-1432
  4. angel
  5. face_angry_woman3
  6. a1130_000358

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ