お教えします!ママ友ランチに行きたくない時の上手な断り方

この記事は2分で読めます

ママ友との付き合いにランチ問題がありますよね。

様々な理由で、ママ友とのランチに行きたくない時が
誰にでもあるものです。

だけど、
無下に断ると今後のママ友付き合いに問題が出てきそう…。


そこで今回は、
ママ友ランチに行きたくない気分の時の上手な断り方
を紹介致します。

スポンサードリンク


気の合わないママ友から頻繁にランチに誘われた時の断り方


入園、入学直後や、学年が変わったタイミングで、
新しいママ友との出会いが増えますが、
親しくなりたいと思い、中には頻繁にランチに誘ってくる人がいます。


最初は最低限のお付き合いでママ友とのランチに応じても、
どうにも価値観の違いを感じたり、気を使うだけで疲れてしまったりすると、
次にママ友からランチに誘われても、行きたくないと思ってしまいますよね。
stress_woman

ママ友付き合いの基本は、
お互い無理はしないことが大切ですが、
相手から一方的に距離を近づけようと誘われ続けた場合、
上手に断るのが礼儀であり、トラブル回避に大切なことです。


それに、頻繁に誘ってくれるという事は、
そのママ友は、自分とのランチでとても楽しいと感じてくれ、
自分に好意を持ってくれたという事。

傷つけるようなやり方は、やっぱりいけないですよね。


こんな時、
一番スムーズに相手を納得させる理由は「子供」です。

子供に手がかかった時の苦労は、母親なら誰もが理解できるもの。

「うちの子、帰宅すると疲れてグズグズで大変なの。
だから、いないうちに家事と夕食の支度を終わらせなければならなくて、
手が離れたと思ったのに、今でも毎日なんだか大変で…」

「子供が帰宅したら習い事があるから何にもできなくて、
日中にやること全部終わらせないと要領が悪いから回らないの」

などと、子供を理由に日中も穏やかではないことを伝え、
誘ってくれた感謝の気持ちを伝えつつ、断るのがベストです。


相手が常識を持ったママ友ならば、
大変さを察し、何度か断られた時点で、
ランチに誘う事が負担になると理解してくれます。



仲の良いママ友とのランチに行きたくない気分の時は


一方、一緒にいると楽しい気の合うママ友でも、
時にはランチに行きたくない時がありますよね。

そんな時は、具体的な理由を伝えて断っても大丈夫です。

「ごめん!今月厳しくて、来月になったら絶対行こうね」

「疲れが溜まっていて、今日は無理かも…。ごめんね」

親しいママ友だからこそ、こんな理由でも正直に伝えることができます。

それでも、断りっぱなしはやっぱり相手にとって失礼だし、
楽しい関係を続けるためには、ある程度の気遣いはもちろん大切

断った後は、必ず代案を出したり、
別の日に自分から積極的に誘ったりしましょう。



ママ友ランチは、無理するものではないけれど…


ママ友とのランチは、行きたくないこともあるかもしれません。

でも、「行きたくない」という自分の気持ちだけを優先させていたら、
やっぱり人間関係を円滑にすることは困難です。


本当に気が合わず、ママ友とのランチに出席しても
苦痛だけしかない場合は別ですが、
ちょっとだけ頑張って、ママ友ランチに応じることで、
相手の良いところを発見したり、
思っていた以上にお喋りを楽しんで、
自分のストレス発散になったりすることもあります。
joshikai

誘ってくれる人というのは、とても貴重な存在でもあるので、
自分から「行きたくない」と壁を作らず、
世界を広げることで、自分や子供の生活が明るくなるかもしれません。


様々な形で行われるママ友ランチ。

無理に応じるものではありませんが、
誘ってくれた相手への気遣いは忘れないようにしたいものです。




PS


ママ友付き合いって様々な悩みがつきものですよね。

そんなママ友に関する悩みの記事を書いています。

ママ友ランチ、子供も楽しめる自宅メニューはこれがおすすめ!!

ママ友へのプレゼント、どんなお菓子が喜ばれる?

ママ友との付き合い方のコツ、まだ子供が赤ちゃんの時はどうする?

ママ友とのお付き合いで困った時は
是非参考にしてみてくださいね。

ママ友との付き合い、楽しいこともあれば
色々悩みもつきものです。

無理のないように上手に付き合っていきたいですね(*’▽’)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tatemono_jutakugai
  2. mama_kai
  3. woman_question
  4. baby_car_mother
  5. tmp.pdf
  6. joshikai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。